教育費平均1人いくら?貯める金額いくら必要?

教育費のことは既婚者のお父さん、お母さんは育ち盛りのお子さんがいると気になりますよね。教育費と言っても、高校までの進学なのか?専門学校、短大、大学、大学院のどこに進学するのかによっても変わってきます。

ここでは平均的な教育費はいくらなのか?という話はもちろんですが、教育費に関する話を全体的に交えながら話をしてきます。

目次

教育費は平均月々年間1人いくらかかる?

教育費は毎月かかる生活費とは別に確保していかなければ、お子さんの入学(進学)費用や、習い事などでかかる費用から卒業時にかかるお金等色々あります。

こうした将来の教育費にかかるお金がどれくらいかかるのか?ということを予め把握しておけば、長い時間をかけて計画的に毎月貯めておくなどの対策ができます。

ためて、ふやして、進化する。ひふみ投信

一方できちんと把握しておかないと、いざというその時に慌ててしまうことになってしまいます。そのようにならないようにするために、事前に対策を立てて将来に備えてくことで計画的にお子さんの教育費を貯めておくことができるようになります。

  • 幼稚園~大学卒業まで総額は約1000万円(全て公立の場合)
  • 幼稚園~大学卒業まで総額は約2400万円(全て私立の場合)

上記は幼稚園~大学卒業までかかる教育費の総額です。「公立」と「私立」のどちらに通うのかによって、教育費にかかる総額は変わってきます。

この内訳の中には塾や習い事にかかるお金も含まれているので、教育費にかかる総額の内訳の平均はこれくらいだと思ういい目安になるのではないでしょうか?

※高校~大学進学の場合はほとんどのお子さんは自宅から通勤するとは思いますが、寮に入ったり、1人暮らしをする場合はまた別にお金がかかってきます。

教育費のシュミレーションをしよう

教育費の幼稚園~大学卒業までにかかる総額の平均は上記で解説しました。それで教育費にかかる総額の平均値はどれくらいか把握できたと思いますが、もっと細分化して知っておくことで計画的にお金を貯めてくことができます。

幼稚園教育費平均は?

幼稚園の教育費は幼稚園の入園料から幼稚園が無償化になるならないの話から、無償化したら実質いくら?なのか気になると思いますが、文部科学省の「子供学習費調査」によると以下のような統計が出ています。

  • 公立の場合は1年間で約22万円(3年の卒業まで約66万)
  • 私立幼稚園は1年間で約53万円(3年の卒業まで約159万)

公立と私立に通うかによって金額は異なりますが、上記のような金額が掛かると統計が出ています。もっと細かく資産するなら毎月いくらかかるのかということや、活動費等(遠足など)でその月にいくらかかるのかということを算出しておくと把握しやすくなります。

⇒金欠中限界寸前お金問題即日解決したい一番条件いいフリーローンはここ▶▶▶

小学校教育費平均はいくらかかる?

小学校に通っている場合は、2年生以降から学年が1学年上がる毎に教育費が増えていきます。文部科学省の「子供学習費調査」によると以下のような教育費が掛かると統計が出ています。

  • 公立の場合は1年間の総額は約32万円(月額平均約2.7万円)
  • 私立の場合は1年間の総額は約160万円(月額平均約13万3000円)

小学校の場合は公立と私学に通う場合にかかる教育費は約5倍も差が出てきます。小学2年生以降から学年が上がる毎に毎月かかる教育費のお金が増えていくという統計があるので、ワンポイントとして覚えておきましょう。

中学生の教育費平均いくらかかる?

中学に通っている場合の教育費は、文部科学省の「子供学習費調査」によると入学費から毎月々にかかる教育費の統計は以下のようになると統計が出ています。

  • 公立の場合は年間で約49万円(毎月約4万830円)
  • 私立の場合は年間で約141万円(毎月約11万7500円)

公立と私立にかかるお金の金額の差は約2.9倍も差があります。3年間になると、更に大きな金額が掛かってきます。

高校生の教育費平均いくらかかる?

高校に通うようになると私学の場合は入学時の入学金がかかるので、1年目にかかる年間のお金が一番多くなっています。

文部科学省の「子供学習費調査」によると入学費から毎月々にかかる教育費の統計は以下のようになると統計が出ています。

  • 公立の場合は年間で約46万円(毎月約3万8333円)
  • 私立の場合は年間で約97万円(毎月約8万833円)

このような金額が掛かります。高校生から専門学校、短大、大学に進学する場合の教育費はこの中には含まれていません。高校に通っている時にかかる教育費になります。

大学生の教育費平均いくらかかる?

大学に通う教育費の総額はいくらかかるのか?2019年に日本政策金融公庫が実施した「教育費負担の実態調査結果」で調べた大学生の教育費用の平均は以下のような結果が出ています。

  • 公立は平均約499万4000円
  • 私立は文系で平均717万円

大学生になると入学から卒業までにかかる教育費が一気に跳ね上がります。

教育費の中で大学に進学した場合のお金が多くの比重を占めていることは、幼稚園~大学までにかかる教育費の費用を細分化して解説してきたので、今一度比較するとよくわかるのではないでしょうか?


まとめ

教育費平均1人いくら?貯める金額いくら必要?の内容は参考になりましたか?幼稚園~大学まで、年代によってかかる教育費はそれぞれ変わってきます。

総額でいくらかかるのかを把握しつつ、計画的に毎月教育費にかかるお金を他の貯金とは別に蓄えていくようにすると将来に備えることができます。

それ以外にも子供用に「NISA口座」を作るなどして、毎月自動積み立て投資をしてお金に働いてもらうようにすれば、お金が増えていきます。

岸田総理大臣が「貯蓄から投資へ」一億総株主化と2022年に発言しましたが、NISA口座は運用利益が非課税になっているので、毎月一定額の金額を自動積立していけば、将来の教育費に備えることはできます。

大学でかかる教育費が大半を占めているので、お子さんが小さい頃から長期運用していけば更に福利効果として元金を運用益で増やすことも出来ます。

目次ページを世代別に一つずつよく読んで見直すようにすれば、将来に備えられるので不安はなくなります。ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

今すぐお金借りたい当日中に借り入れ可能な中小の消費者金融TOPページへ戻る

The following two tabs change content below.

情報提供

会社員の方はもちろん、公務員、自営業者、主婦パート、アルバイト、フリーター、派遣社員、日雇い労働者、水商売、風俗嬢(ソープ嬢、デリヘル嬢)保険外交員..看護師.介護士.塗装工.大工.左官.工場作業員.土木作業員.とび職の方まで、今すぐ借入したい方におすすめなキャッシング比較サイトです。